記憶力

アラキドン酸で若さを快適に維持する

今痴呆という事についても、子供の学習能力向上、脳の発達を促す成分としてアラキドン酸が注目されています。
このアラキドン酸という成分は肉類や鶏卵、魚類などに含まれていますが、人の体内で合成することができない成分なので、意識的にこの成分が入った食事を心がける必要があります。

アラキドン酸はDHA・EPAと並ぶ有名な脂肪酸です。
アラキドン酸を摂取すると体内で酵素によりプロスタグランジンという物質に変成します。
この物質は必須脂肪酸から作られるもので、免疫機能に深くかかわっています。
免疫調整機能をあげ、血圧などをうまく調整します。
また、脳神経を中心とする神経細胞への生成を促す効果があるため、記憶力向上、学習能力向上、集中力のアップなど、様々な効果が期待出来るのです。
またアレルギーの改善やコレステロール値の減少、高血圧の降圧など適切に摂取すれば高い健康効果が望めます。

脳細胞は子供の頃に成長を止め、その後、新生されることはないといわれてきましたが、最近の研究では海馬という記憶や学習をつかさどる部分で細胞新生が行われていることがわかってきています。
脳細胞には細胞膜に深く関わりを持つアラキドン酸が効果的に働くため、アラキドンさんを摂取することによって、記憶力の向上が期待でき、脳の活性化が促されるといわれています。

高齢になるとアラキドン酸の量が低下し、合成がうまく行われなくなるといわれています。
特に日本人は年齢が高くなると健康を考慮し、脂質の高い肉類を摂取しなくなることが多いため、よりアラキドン酸摂取量が少なくなり、低下に拍車がかかります。
肉類でも脂質の少ない良質な赤身肉や栄養価の高いレバーなどなら、高血圧や糖尿などの生活習慣病を考慮しながらアラキドン酸が摂取できますし、不安な方はサプリメントなどでこの成分をうまく体内に摂取することができます。

脳が若いということは行動もアクティブになります。
思考的能力が低下しなければ社会生活も円滑にいきます。
アラキドン酸を必要量摂取し、脳の活性化を図ることで若々しくアクティブな毎日を送ることができるのです。
若返りに必要なこの成分を深く理解し、若さを維持していきましょう。

Copyright(C) 2013 体の中の機能を向上させてくれる成分 All Rights Reserved.