記憶力

アラキドン酸はリノール酸から合成される

アラキドン酸は細胞膜の中にあるリン脂質という部分に存在し、このうちでも人間にとって重要な脳細胞に多く含まれている成分です。
エコノサイドと呼ばれるプロスタグランジンなどが作られ、神経同士のつなぎ役、情報伝達を行うという重要な働きを持っています。

脳の海馬という部分にとても多く存在しているアラキドン酸は、思考能力、記憶力に大きく変わってくる成分です。
考える、学ぶ、記憶するという生活の中で必要であり重要な部分を担うため、人間以外の哺乳類にとっても、必須脂肪酸になるといわれているほどです。
この成分は食べ物などから摂取すると、リノール酸を原料に体内で合成されます。
同じ不飽和脂肪酸であるDHA、EPAの場合、αリノレン酸によって合成されます。
不飽和脂肪酸の中でも多価不飽和脂肪酸に当る、アラキドン酸はn-6系で、リノール酸、γ-リノレン酸が仲間です。
DHAはn-3系でα-リノレン酸が仲間です。
合成がしっかり行われるように、アラキドン酸を含む食品を摂取していく必要がありますが、この成分は植物にほとんどといっていい位含まれていないので、お肉や魚、鶏卵などから摂取することが必要となります。

高齢になるとアラキドン酸の合成が少なくなり、またタンパク質の摂取が絶対的に不足するという傾向にあるため、体内にこの成分が少なくなり、物覚えが悪い、物忘れが激しいなどが出てきます。
脳神経に深くかかわるこの成分は年齢を重ねていくうちに、だんだん減少し、ついには積極的に摂取しないと痴呆という症状になってしまう方も少なくありません。
そのため、ご高齢者はよりアラキドン酸を意識した食事、またサプリメントなどの併用が必要となるのです。

リノール酸によって体内で合成されるアラキドン酸ですが、通所宇、どの程度の摂取が望ましいといわれるかというと、n-6系の場合、1日7gから12g、n-3系が1日2gから3gといわれてます。
ただいずれにしてもどの成分過剰摂取は、リスクに対応したものとならず、逆にアラキドン酸など場合、摂取量に気を配る必要があります。


Copyright(C) 2013 体の中の機能を向上させてくれる成分 All Rights Reserved.