記憶力

アラキドン酸の内容について

不飽和脂肪酸の一種、体内で合成できない多価不飽和脂肪酸であり、人の体に必要不可欠な必須脂肪酸であるアラキドン酸は肉類や魚類、また鶏卵に多く含まれ、特にレバーには豊富に含まれています。
植物からはほとんど摂取ができない成分ですが、人の体になくてはならない成分なので重要度が高く、健康的な暮らしに欠かすことのできないものです。

成人の場合、この成分が不足するという事は考えにくく、不足しているという場合、極度の栄養失調、かなりハードなダイエットを行っている人ぐらいです。
成人は通常の食生活を送っていればアラキドン酸が不足するという事は考えられませんが、乳児と高齢者は不足する場合が考えられます。

乳児はほとんどこの成分を体内に持っていないので、母乳から得ることになります。
生まれてからしばらくは体が急激に発達していきますが、中でも脳は考えられないくらいのスピードで発達、成長していきます。
この体、脳の発達に欠かせないのがこの成分です。
1歳未満の場合、アラキドン酸合成力も弱いので、母乳をしっかり取る事、母乳ではなく粉ミルクの場合、アラキドン酸配合の粉ミルクが出ていますので、利用されるといいでしょう。

高齢になると物忘れが激しくなったりしますが、ここに関わっているのが記憶や学習力などに大きく係るアラキドン酸です。
実は記憶などをつかさどる脳の海馬という部分にアラキドン酸が多く含まれています。
ただ高齢者の場合、合成力が弱くなっていることに加え、アラキドン酸を含む食品、肉類やレバー、鶏卵などを健康のためにとさけることも多く、アラキドン酸の摂取量自体も少なくなっています。

そのため、乳児同様、高齢の方もサプリメントなどを利用し適切な必要量を補う事で、将来の健康的生活が見えてくるでしょう。
このほか、免疫機能を調整する力、高血圧予防作用、コレステロール値改善効果など、様々な健康効果が望めます。
ただ、特徴として過剰摂取すると逆作用として働く特徴を持っていますので、必要量以上摂取しないという事も理解しておきたいことです。

Copyright(C) 2013 体の中の機能を向上させてくれる成分 All Rights Reserved.