記憶力

アラキドン酸に欠かせない豆知識

ビタミンF、αリノレン酸とも呼ばれているアラキドン酸は、健康という事に前向きな方々に注目され、現在、サプリメントなどで利用される方がとても多くなっています。
体内で合成できないこの成分は、食品から摂取することが必要で、レバー、鶏卵、肉類、魚類などに多く含まれており、バランスのいい食事の中にこの成分を活かしていくことで、様々な健康効果が望めます。

アラキドン酸の効果としては、記憶力の向上、免疫機能調整能力、さらに学習能力や集中力の向上コレステロールの減少や血圧の調整など、いずれも健康に大きく係ることです。
特に記憶力の向上などについては、痴呆という問題に大きく関連しています。
老々介護が多くなり、家の中に閉じこもりがちになるご高齢者の多くが痴呆の問題を抱えていますし、ご家族と共に暮らす高齢者の方についても、家族への大きな負担など社会的問題となっています。

高齢になるとアラキドン酸による合成がうまくできなくなる、摂取量が少なくなるため、成分自体が体内に少なくなることもあり、この成分をサプリメントなどから摂取し、記憶力向上、痴呆予防に役立てていこうと利用される方も多くなっています。

さてこんなにもたくさんの効果を持っているアラキドン酸ですが、実はあまり知られていない効果もあるのです。
豆知識として得ておくと健康的な生活に一役買ってくれます。
アラキドン酸は神経、また免疫に深く関係している成分です。
こうした調整能力は胃酸の出過ぎなどにも効果を発揮してくれます。
胃酸過多状態にある方にも効果的な成分です。

風邪をひきやすいという方にも効果的です。
ウイルスや細菌感染をよく起こすという方は、この成分が慢性的に不足しているという事が考えられるため、サプリメントなどを上手に利用すればウイルスにも細菌にも負けない体づくりに役立ちます。

もう一つ、重要な事、それは摂取しすぎるのもよくないという事です。
過剰摂取するとこの成分はとても特異的な反応を見せ、全く逆に働くという成分です。
適量を守り摂取する事、これも知識として持っておきたいものです。

Copyright(C) 2013 体の中の機能を向上させてくれる成分 All Rights Reserved.