記憶力

アラキドン酸で高血圧を予防する

若い時はそれほどでもなかったのに、年齢を重ねていく上で高血圧と診断される方がとても多くなります。
高血圧の原因は人それぞれなのですが、どういったことから血圧が上昇するのかという高血圧のメカニズムについては解明されていません。
ただ、多くの場合が一次性高血圧、本能性高血圧と呼ばれるもオンで、食べ物やストレス、生活習慣などの何らかの原因が元となって起こるものです。
二次性の場合高血圧となる原疾患が存在しますが、一次性の場合、原因がよくわからないことが多いのがとても厄介です。

高血圧になると何が怖いかというと、数々の合併症があるからです。
例えば血圧が高い状態が続き、血管や心臓に負担が大きくなり、心臓機能の低下によっておこるうっ血性心不全や高血圧性心肥大など、心臓についての合併症もありますし、血圧が高いことで脳の血管に大きな負担がかかり、脳出血や脳梗塞などの脳血管障害も合併症の一つです。
血管は全身をくまなくめぐっていますので、網膜病変や高血圧性腎障害などを引き起こすこともあるのです。

塩分を控えるとか、睡眠をしっかりとり生活習慣を整えるとか、お酒を控えめにするなど高血圧を改善する方法はいくつかありますが、多くの場合、降圧剤を服用し、お薬によって血圧コントロールを行っていくでしょう。
様々な合併症を引き起こす高血圧ですが、血圧が高い状態になるのを予防してくれる成分がアラキドン酸なんです。

アラキドン酸は生体調整ホルモンとなるプロスタグランジンを作り出す材料となります。
アラキドン酸をホスフォリパーゼという酵素が取出し、シクロオキシゲナーゼという酵素が働きかけを行う事でプロスタグランジンという物資ととなり、これが、体内で様々な生体調整を行ってくれるのです。
高血圧の予防、またコントロールを行うための成分として注目されるアラキドン酸は、リノール酸に多く含まれていますが、最近はサプリメントアンドも販売されていますので、高血圧予防に利用されている方も多くなっています。


Copyright(C) 2013 体の中の機能を向上させてくれる成分 All Rights Reserved.