記憶力

アラキドン酸は皮膚や胃壁の保護作用がある

DHA、EPAなどの不飽和脂肪酸は、少子高齢化となっている日本において高い注目を集めている成分です。
DHA「ドコサヘキサエン酸」、EPA「エイコサペンタエン酸」は不飽和脂肪酸という成分で、青魚などに多く含まれ、神経細胞への活性化能力があるので墓受け防止にいい、ということ、またお子さんが摂取することで脳が活性化し、学習能力がアップするといわれています。

この不飽和脂肪酸と同様にDHA、EPAと同じように必須脂肪酸の一つであるアラキドン酸も注目を集めています。
肉類やレバー、魚、鶏卵などに豊富に含まれているのですが、体内で合成されることがないため、こうした食品類を積極的に摂取し体内に取り入れる必要があります。
これらの食材を頻繁に食べるのが難しい世代の方はサプリメントから摂っていくと良いでしょう。
とくに高齢者の方は食事からの量が不足している傾向にあるので、アラキドン酸サプリは高齢者の方に是非摂ってほしいです。

このアラキドン酸は細胞に深く関係している脂肪酸であり、また免疫系、神経系などの機能調整に関与する脂肪酸です。
血圧の調整機能への関与もあるため、高血圧の改善、予防などにも利用できます。
脳の海馬という部分の細胞にたくさん含まれているという事もあり、物忘れや学習、記憶という部分に深く関連することで、痴呆症の予防になる成分とも言われています。

胎児については発育向上を促し、乳児は母乳からアラキドン酸を得ることで脳の成長、発育に大きく作用します。
この成分があるからこそ、誕生してから数年の爆発的な脳の発達ができるわけで、母乳に含まれるアラキドン酸は特別重要なものとされています。
そのため、粉ミルクにもこの成分入りのものが推奨されるくらいです。

細胞という人の体の全てを構成する部分に関与するアラキドン酸は、胃壁や肝細胞などへの働きも注目されています。
ストレス社会に生きる現代人は神経性胃炎などに悩まされる方も多く、アラキドン酸を適切量補給することで胃壁を保護してくれるという働きにも関心が高まっています。

飽食の時代に生きる現代の人たちは脂肪分の高い食べ物があふれていますし、手軽にアルコールを飲めるようになっています。
そのため、肝臓への障害を抱えている方も多く、肝機能に障害を持っている方も少なくありません。
細胞に関係するアラキドン酸は肝機能障害への良い働きでも注目されているのです。
食事で摂取するのが難しいようでしたら、アラキドン酸サプリで内臓機能を向上アラキドン酸サプリで内臓機能を向上させましょう。

Copyright(C) 2013 体の中の機能を向上させてくれる成分 All Rights Reserved.