記憶力

アラキドン酸とDHAを活用して効果向上

小さい頃に読書の癖をつけた子は、大人になっても本を読むことが苦痛ではないし、活字を読むことで文章を書く能力が高くなる、という事が言われます。
これは学習という面だけではなく、スポーツに置いても同じです。
出来る限り早い年齢でかかわらせ、親が良い環境を与えておくほうがいいといわれています。

最近の保護者の皆さんは、これにプラスして子供に必要な栄養素について考える方も多く、日ごろ摂取する食事の中でより学習やスポーツに役立つ栄養素を摂取させるように心がけている方も多いと聞きます。
この中でドコサヘキサエン酸「DHA」に関しては、脳の発達に欠かせない成分という事を理解されていますし、さらに情報をしっかり得ている保護者の皆さんは、アラキドン酸とDHAを同時摂取することが効果的であるという事も理解されています。

卵や肉類、魚などに含まれるアラキドン酸は「細胞膜」を生成する際に必要不可欠な成分であり、特に脳細胞とはかかわりが深い成分です。
大人はアラキドン酸を合成することができますが、子供、特に乳幼児の場合、この合成ができないため、母乳からの摂取となります。
三歳までに様々な初期教育を行っておくと、一生忘れることがないといわれるほど、人の脳は乳児期に発達し、3歳までに大人の脳の約90%もの部分が形成されるといわれています。
この脳の発達にアラキドン酸が深くかかわっています。

アラキドン酸を配合した粉ミルクが各メーカーから販売されるようになりましたが、母乳同様の配合量のある商品も登場し、脳細胞の発達を促すために優良なミルクといわれています。
この粉ミルクには、DHAも配合され、アラキドン酸と共に摂取することでお子さんの脳細胞、また体の成長へのサポートが期待されています。
お子さんの摂取する栄養素は保護者によるものです。
年齢が小さいうちに良質な栄養素をしっかり摂取させることも、お子さんの脳を活発にする大きなポイントとなるでしょう。
こうした栄養学をしっかり学ぶことも重要な事です。


Copyright(C) 2013 体の中の機能を向上させてくれる成分 All Rights Reserved.